あこがれの和婚!和装にしっくりくるBGM選びのコツは?

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
和婚のBGM

ウェディングドレスを着てチャペル(教会)で式を挙げるのもいいですが、最近は和服文化が見直され、和装で行う和婚も人気です。

和装での結婚式を行う際に、気になるポイントの一つが挙式中に使うBGM選びなのではないでしょうか。

「洋楽を流していいのだろうか?」「和婚にはどんな曲がマッチするの?」など結婚式準備において、BGMは式の雰囲気をガラッと変えるものなので、多くの方が考える悩みポイントの一つでもあります。

今回はそんな和婚の雰囲気に合うBGMの選び方についてご紹介します。

式のスタイルにピッタリの曲を選んで、二人の素敵な思い出に残る式を挙げましょう。

入場のBGMには大河ドラマのテーマ曲がおすすめ

bgm_image_s

基本的に和婚では、和の雰囲気を壊さないようなBGMを選ぶのが大切です。

ただし、結婚式のBGMというと多くは洋装での式のイメージになってしまうため、和装の際のBGMチョイスにはいくつか押さえておきたいコツがあります。

中には「和風の曲なんて一つも知らない」と思う方もいるかもしれませんが、普段聞いている音楽の中にも、和の雰囲気にマッチする曲はたくさんあります。

そんな中で入場のBGMとしておすすめなのが、大河ドラマのテーマ曲です。

聞き覚えがあるので耳馴染みが良く、音楽に疎くても探しやすいところがポイント。

それに加えて、いろいろな曲調があるので、しっとり入場したいなら『花燃ゆ』、絢爛豪華に入場したいなら『篤姫』など、イメージに合わせたものを選ぶことができます。

和婚には和の伝統楽器の音色がピッタリ

和楽器イメージ

和の雰囲気にマッチするのは、やはり和の楽器を使ったBGMです。

純粋に和楽器で演奏された曲や、最近のトレンドの曲を琴や三味線などの和楽器で演奏しなおした曲など、いろいろなCDが出ているので、和にこだわりたいカップルはお気に入りの曲を和楽器で演奏された曲がないかどうかを探してみましょう。

また、実際に聴いてみて気に入った音色などがあれば、演奏されている楽器の音色から好みのBGMを探していくのもおすすめです。

「和楽器は普段聞きなれていないので、和楽器オンリーの曲は少々ハードルが高い」と言う人には、曲中に一部和楽器が使われている音楽を探してみましょう。

例えば、葉加瀬太郎の『万讃歌』や、ゆずの『桜会』などは要所要所で和楽器が使われているため、聞きやすい上に和婚の雰囲気にもマッチしてくれます。

また、和婚であっても、曲調をしっとりしすぎず、少々盛り上がりを求める方には、和楽器でロックを奏でている曲を選ぶのもおすすめです。

最近では、三味線デュオの吉田兄弟を筆頭に、三味線ロックは一ジャンルとして確立しつつあります。

好きな曲を見つけたら、そこから奏者の別の曲を辿ってみるのも面白いかもしれません。

あえてモダンに!和テイストの洋楽をチョイス

和婚だから、と日本初の和風BGMを選ばなくてはならないということはありません。

なぜなら、洋楽の中にも、和婚の雰囲気に合う曲はたくさんあるからです。

敢えて洋楽を使うことで、式全体をモダンな雰囲気にすることもできます。

例えば、リラクゼーションミュージックとして人気が高いEnyaは、和婚BGMとして高い人気を誇ります。

幻想的でしっとりとした曲調なので、洋装の結婚式はもちろんのこと、和の雰囲気にもしっかりとマッチしてくれます。

その他人気の洋楽には、他にディズニー映画『ムーラン』で使用された『Reflection』があります。

中国が舞台の映画ではありましたが、曲全体にオリエンタルな雰囲気があるので和婚にもぴったりです。

ゆったりとしたドラマチックな曲調で、特に入場BGMとして人気です。

よく読まれる関連記事
旅するウェディング・しまね旅婚|縁結びの神に導かれ、出雲の國で旅する結婚式を。
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。