ハデハデ注意!結婚式のゲストとしてふさわしいネイルデザイン

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

結婚式に招かれたら、女性は指先まで気を抜きたくないものです。

しかしせっかくのネイルがマナー違反になってしまうこともあります。

新郎新婦や他のゲストに嫌な思いをさせないためにも、結婚式のネイルデザインについてチェックしてみましょう。

神聖な結婚式にNGなネイルカラーは?

結婚式 ネイルカラー

本来、結婚式は新郎新婦が将来を誓い合う神聖な場です。

最近はカジュアルな式も目立ってきましたが、やはり普段と違う特別な日であることには変わりありません。

だからこそ、ゲストとしても場に相応しくないネイルは避けましょう。

まず気を付けたいのが色です。

基本的にはピンクやベージュ、クリアが基本色となります。

ネイルは身だしなみの1つですから、肌馴染みのいい色を選びましょう。

逆に黒などのダークカラーは結婚式に相応しくないので、基本的には避けた方が無難です。

黒塗り一色は絶対に避けましょう。

ビビットで奇抜なカラーも場に浮いてしまいます。

花嫁の色である白を洋服では避けるのは一般的ですが、爪の場合はスペースが狭いので問題ありません。

しかし気にする人もいるので全体に塗るのではなく、ポイント使いにするのがおすすめです。

主役は花嫁!デコデコネイルで派手にならないように!

結婚式 ネイル

デザインにも気を配るようにしてください。

そもそも結婚式の主役は花嫁ですから、花嫁より目立つようなネイルは印象が悪くなってしまいます。

清楚で清潔感のあるデザインを選ぶことが大切です。

特に避けるべきは盛り過ぎのデコネイルです。

豪華で良いと感じるかもしれませんが、結婚式にはいろいろな人がいるので悪目立ちしてしまいます。

ラインストーンやスタッズの使い過ぎも派手すぎてゴテゴテした印象になります。

ワンポイント使いに留めるのがいいでしょう。

キャラクターもラフすぎて結婚式には馴染みません。

結婚式に毛皮はマナー違反という前提がありますので、アニマル柄も避けた方が無難です。

基本は清楚に… おすすめカラーとデザイン!

結婚式 ネイルデザイン

結婚式のネイルデザインでおすすめなのは、シンプルなフレンチネイルです。

白はあまり大きく使わないようにしましょう。

ベースには肌馴染みのいいベージュやピンクを使用すると、清楚な雰囲気に仕上がります。

フレンチだけでは物寂しい、というときは、ワンポイントとしてラインストーンやラメを入れるのがおすすめです。

少しゴージャスにしたいと言うときは、ゴールドのラインを入れると雰囲気が一気に変わります。

周りと少し変えたいというときは、グラデーションネイルがおすすめです。

可愛らしい感じに仕上がります。

このように、結婚式では新郎新婦や他のゲストに配慮したデザインを選ぶように心がけましょう。

また、式の雰囲気を知っておくことも大切で、格式ある式の場合は特に注意が必要です。

旅するウェディング・しまね旅婚|縁結びの神に導かれ、出雲の國で旅する結婚式を。
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。