2人だけのオリジナル!テーマウェディングのすすめ

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
テーマウエディング

式場も決まって、いよいよ結婚式に向けて本格的な準備が始まりますね。

ただ、どんな式にしようか、演出はどうしようか、ゲストに楽しんでもらえるだろうか…不安もたくさんありますよね。

そんなあなたにおすすめしたいのが、「テーマウェディング」。

「こんなウェディングパーティー初めて!」とゲストを喜ばせたい方にぴったりの演出です。

テーマウェディングって何?メリットは?

テーマウエディングのメリット

テーマウェディングとは、「新郎新婦とも野球観戦が好きだから、テーマは野球にしよう」「クリスマスの時期に行うので、テーマはクリスマスにしよう」等、式全体のテーマを決めて、それに合わせて演出や装飾の内容を考えるものです。

テーマを決める事によって、式全体のコンセプトを打ち出し、それに合わせた具体的な演出や装飾を考える事が出来ます。

例えばクリスマスがテーマの場合、ゲストテーブルにそれぞれ小さなクリスマスツリーを置いたり、ロビーにも装花の代わりに大きなクリスマスツリーを置いたり。

新郎がサンタクロースの格好で登場して、ゲストの子供たちにプチギフトを配る演出も楽しいですね。

このようにテーマに合わせた演出や装飾を施す事で、ゲストによりパーティーを楽しんでいただくことができます。

テーマの決め方には何があるの?

テーマウエディング

テーマの決め方には大きく3つあります。

1つ目は、新郎新婦の思い出や共通の趣味等、2人に関連したものから決めるやり方です。

共通の趣味や思い出をテーマにすると、プロフィール紹介やプロフィールムービーでの紹介だけよりもお二人の人物像がゲストに自然と伝わり、温かみのある式になります。

また、準備の段階から思い出や趣味の話に花が咲き、楽しくなりそうですね。

2つ目は色です。趣味が特に無い人でも、好きな色はありますよね。

式のテーマカラーを決める事により、会場全体の装飾の色やドレスの色、装花の色に統一感が生まれ、印象深いものになります。

3つ目は季節です。
例えば、4月の式には桜、7月の式には夏祭り、9月の式には紅葉、12月の式にはクリスマスなど、その時期によって特徴的なイベントやイメージをテーマにあげて演出や装飾を考えると、季節感のある会場づくりや演出が出来ます。

例えばこんなテーマウェディングはいかが?

テーマウエディング

テーマウェディングの良さは分かったけど、やっぱり具体的なテーマが思い浮かばない…、そんなあなたに是非こんなウェディングはいかがでしょうか?

例えば、新郎新婦の共通の趣味が「キャンプ」と「音楽」、そして式の時期が「秋」であれば、「秋のキャンプと音楽」というテーマを考えます。

テーマが秋という事で、会場のテーブルクロスはオレンジ色で統一。
また、装花はキャンプの森のイメージとテーブルクロスのオレンジ色を考慮して、緑・オレンジ・赤・黄色系統でまとめます。

ゲストテーブルには、どんぐりや松ぼっくりなどの木の実を使用して作った席札を置き、新婦の衣装はイエローやオレンジ・ブラウン・ゴールド系を選び、花冠を使用します。

ウェディングケーキを切り株の形にしたり、新郎新婦で楽器の演奏を披露するのもよいでしょう。

このようにテーマを決める事によって新郎新婦の人柄が伝わり、ゲストの満足度も高い式になります。

よく読まれる関連記事
旅するウェディング・しまね旅婚|縁結びの神に導かれ、出雲の國で旅する結婚式を。
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。