結婚式のゲストカードってどういうもの?

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
カードイメージ

結婚式で良く見ることが出来るゲストカードですが、新郎新婦が招待状を送る際に同封するものです。

結婚式当日にそれを受け付けに提出することで、参加が受理されるのですが、このゲストカードにちょっとしたお作法があるというのをご存じでしょうか。

ゲストカードは芳名帳に変わる新しいアイテム

カードの手渡し

ゲストカードの存在意義ですが、実は昔の芳名帳と同じ役割を果たしているのです。

流れとしては、まずは新郎新婦が招待状と共にゲストカードを送ります。

それにお祝いのメッセージと共に自分の名前を書き、結婚式当日にゲストがカードを持参します。

それを受付に渡すと全てが完了します。

昔は受付の芳名帳に名前を書くために、ロビーや入口に大行列が出来ていたものですが、ゲストカードがあれば、サッと受付に渡すだけなので合理的です。

しかもそこにはゲストの名前が記してありますので、きちんと受付をしたことにもなるのです。

さらに、新郎新婦へのお祝いのメッセージも書かれていますので、双方にとって非常に嬉しいカードだと言えるのです。

ゲストカードに書くことは何?

ゲストカード

ゲストカードに書くべきものとして、基本的に新郎新婦に宛ててのお祝いのメッセージを書き記すようにしましょう。

ストレートに「おめでとう!」でも良いですし、親しい中であれば細かいことを書くのも喜ばれるかもしれません。

また、イラストやカラーペンなどで可愛らしく装飾するのも良いでしょう。

その他には、名前と電話番号、住所とメールアドレスなどを記すと良いでしょう。

プライバシーが心配なようであれば、最低限の礼儀として名前だけは書くようにしましょう。

そうしなければ受付に提出したという履歴が残らず、そのゲストが来ていないということになってしまいますので注意しましょう。

筆記用具は、黒いボールペンか筆、または万年筆が礼儀に叶っています。

書くときに気をつけること、書かないほうがいいこと

禁止のイメージ

ゲストカードを書く際、気を付けた方が良い事柄が幾つかあります。

一つ目としては、下品な言葉やお祝いの席に相応しくない内容を書くのは絶対に止めましょう。

もし親しい間柄だとしても、親しき仲にも礼儀ありと言いますので、きちんとお祝いの言葉だけを書くようにしましょう。

新郎と新婦が嫌な気持ちになるような暴露話なども止めておいた方が良いですね。

そしてNGな筆記用具として、他のカードを汚してしまう可能性のあるクレヨンや、薄墨のペンがあります。

薄墨のペンについては、不幸があった時などに使うものですので、結婚式というおめでたい席に送るカードに使うのは余りよくありません。

またゲストカードに記されているである「御」は二重線で消すのがマナーです。

旅するウェディング・しまね旅婚|縁結びの神に導かれ、出雲の國で旅する結婚式を。
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。