憧れの婚約指輪はいつつけるのが正解?ずっとつけててもいいの?

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

結婚が決まって、彼からもらった婚約指輪。

結婚までの幸せな時間の象徴ともいえるものです。

プロポーズと一緒にもらったり、彼と一緒に探しに行って気に入ったものを選んだり、人によってもらうタイミングは様々ですが、意外といつ身に付ければいいのかわからない、という女性も多いそう。

特に「絶対こうしなくちゃいけない」という決まりはありませんが、「こんな時身につけていってはどう?」という提案も含めてご紹介します。

婚約指輪と結婚指輪って何が違うの?

結婚指輪

婚約指輪と結婚指輪は、どちらも結婚に際して用意するものですが、それぞれ持っている意味が少し違います。

婚約指輪は結婚を約束した間柄で、男性から女性に贈られる指輪のことです。

プロポーズと一緒にもらう人もいれば、プロポーズの後で二人で一緒に選ぶ人もあり、形式は特に決まっているわけではありません。

昔はよく、婚約指輪は男性の「給料の3ヶ月分」に相当する、なんて言われていたこともありました。それだけ男性が愛する女性のために奮発して用意することも多い、特別な贈り物です。

一方、結婚指輪は男女二人のペアリングになります。

結婚式の時に永遠の愛の誓いのしるしとして交換するもので、結婚後はそのままつけて生活する人も多いようです。

また、男性用は宝石のないのシンプルなものを、女性用には宝石を入れるなど、日常生活でつけっぱなしになっても問題がないデザインのものが主流となっています。

もらったその日からでOK!結婚後につけてもOK!

結婚指輪

婚約指輪をつけるのは、貰ったその日からでも問題ありません。

もともとは結納の際に男性側から女性側に贈られる婚約記念品なので、結納の場で披露してそこからつけ始めることが一般的でした。

でも最近は結納の儀式そのものが行われないケースが増えていることもあって、結納に関係なく貰ってすぐにつけても良いとされています。

婚約指輪を貰ってから結納がある場合には、その場で「この指輪を頂きました」と披露することもあります。

また、以前は婚約指輪は婚約期間中に付けるものというイメージが強かったのですが、近年では婚約指輪を結婚後に付ける人も増えてきています。

結婚後に結婚指輪とともに婚約指輪をつけ続けることを想定し、重ね付けしても一体感のあるデザインの指輪をセットで販売しているブランドも増えてきています。

デザインがシンプルなら普段使いに!ゴージャスなら特別な日に

結婚指輪

婚約指輪にはさまざまなデザインがありますが、今も昔も多くの女性の憧れとなっているのは、一粒ダイヤの立て爪の指輪ではないでしょうか。

そのような婚約指輪はとってもゴージャスで素敵ですが、日常使いでは家事の時などにダイヤが取れてしまったり傷がつくのがちょっと心配ですね。

ですからどちらかというと、パーティーや結婚式、夫婦の記念日のデートなど、特別な日に使うようにするのも良いでしょう。

その上品な華やかさで女性の美しさを際立たせてくれるアイテムとなります。

また、婚約指輪といってもシンプルなデザインのものを好む人もいますから、シンプルなデザインの物なら普段使いをすることができるでしょう。

小さな宝石が埋め込まれたもの、つや消しのマットな素材に加工されたものなど、昔に比べると婚約指輪のデザインも幅広くなってきました。

そんなシンプルデザインのものであれば、家事の邪魔になりませんし、仕事に付けて行くのにも派手すぎないので問題ないでしょう。

いずれにしても、婚約指輪をもらうのは女性にとってこの上なく嬉しくて幸せなこと。大切にしまっておくのも良いですが、せっかくですからどんどん身につけて、幸せを噛み締めてください!

旅するウェディング・しまね旅婚|縁結びの神に導かれ、出雲の國で旅する結婚式を。
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。